So-net無料ブログ作成
検索選択

没後100年 宮川香山 [作る以外]

没後100年 宮川香山 サントリー美術館へ行ってきた。
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_1/
IMG_0022.JPG

自分好みの三点の感想。

緑花紅花瓶
緑の地のスラっとした花瓶に、赤い花びらが数枚。
色も形も好きな感じ。
残念なのは、照明で陰影がきつく、ガラスの映り込みが気になる展示だったこと。
サントリー美術館は全般に少し、照明による装飾過剰な気がする。
以前の曜変天目茶碗も、静嘉堂でみた自然光の中での展示のほうが良かった。

青花釉裏紅青海波文魚耳付花瓶
下に膨らみのある白い花瓶。
肩の部分に魚型の耳付き。魚の口が阿吽になっている。
下の部分には藍の細かい青海波。青海波は下からグラデーション。

窯変釉獅子耳付花瓶
大きな花瓶。
肩の部分に獅子の耳付き。
釉薬は辰砂かな?
辰砂の青緑の中に、還元で出る赤が流れるように散る。
獅子はかなり立体的に作ってあるので、釉薬の濃淡が出ていて見ていて飽きない。

以前「歴代沈壽官展」であまりの細かさに、酔ったようになてしまったことがある。
http://snark.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02
今回も細かい作りのものなので、展示品に酔うかも?と警戒していたのだけど特に問題なし。
ユニークなデザインが多く、デザインに物語性があったせいかも?
全体に、石や木・植物のような自然静物の描写が特に素晴らしいと感じた。

そしてやっぱり!美術館は低反射ガラスだといいなぁ・・・
場所や照明の角度・展示品のサイズによって、映り込みがすごく気になることがある。
全てではないのだけど・・・

番外編。
せっかくミッドタウンへ行ったのでトシ・ヨロイヅカでティータイム。
FullSizeRender.jpg
いちごのミルフィーユ。(上のピスタチオアイスをいちごアイスに変えてもらった)
パイが美味しかったので、おみやげもパイ。
FullSizeRender.jpg
nice!(0) 
メッセージを送る